わきが治療

超音波法とボトックス治療法

わきがの治療法で行われる超音波法について。

わきがの治療法の一つに、最先端の手術療法、超音波法があります。

超音波法とは、数ミリわきの皮膚を開き、その部分から超音波発生器を挿入します。
わきがの原因となっている皮脂腺やアポクリン腺、エクリン汗腺を破砕して取り除く治療法です。

従来のわきが治療の手術に比べると、超音波法は切開する範囲が小さく傷跡も残りにくいと言われています。

ワキガ治療の超音波法の特徴は、体への負担を最小限に抑えることができる点です。

忙しくてなかなか時間がとれない人や、人に気づかれたくない人は、術後の回復が早いので、とてもお勧めなわきがの治療法です。

また、わきがの治療手術は、皮膚の下の組織を根こそぎとり毛根まで取る方法でしたが、超音波法は、わき毛を残す事も可能です。

わきがの手術を受ける前に医師とよく話し合うことが大切ですね。
男性の方も安心してワキガ治療をうけることができるのが超音波法です。


次に、わきがのボトックス治療とは、わきがや多汗症の治療に行われる治療法です。

注射でボツリヌス菌が作る毒素を使った薬を注入します。
3〜6ヶ月ほどエクリン汗腺の活動を停止させる作用をもっています。
このワキガのボトックス治療は、多汗症の治療に効果があります。

わきがの臭いの原因となる汗線は、エクリン汗腺ではなくアポクリン汗腺なので、わきがの症状が重度の方は、あまり効果は期待できないようです。

ボトックス注射は汗を抑えることができますが、臭いを出すアポクリン汗腺の活動は変わりません。

軽度のわきがで悩んでいる方、わきがだけでなく多汗症の症状がある方、メスを使った治療に抵抗がある方は試してみてください。

わきが治療

わきがの治療法の種類

わきがの治療法の種類について説明します。

わきがの治療法には、様々な種類があり、基礎知識をしっかりと学んだ上で病院(クリニック)を選び、自分のわきがの症状に合った治療法を選んでください。


◆わきがの治療法

○手術療法
このわきがの治療法は、わきがの臭いの元となるアポクリン腺を取り除きます。根本的に治すにはこの方法しかないと考えられています。
手術によって施術法は異なります。

○薬物療法
このわきがの治療法は、市販されている制汗薬や殺菌剤が含まれた種類の商品を使いわきがの臭いを予防します。薬を飲んでわきがを治療するのではありません。薬物療法は、一時的な効果が期待できますが、わきがが治るわけではありません。
わきがの症状が重度の方にはあまりお勧めできない方法と言えるでしょう。

○ボトックス療法
このわきがの治療法はボトックスを注入して、エクリン腺から出る汗を一時的に止めます。軽度のわきがの方や、多汗症とわきがを併発している方に効果的です。

このようにわきがの治療法の種類は、一つに限りません。
自分に合ったわきがの治療方法と、クリニックを探して、納得のいくわきが治療をおこなって欲しいと思います。

そして、わきがの事で解らないことなどは一人で考えずに、専門の医師に相談してみましょう。

ワキガに関するカウンセリングは無料で行っている所もあります。

また、わきがについての電話での相談や、ネットでのメール相談などもあるので調べてみてください。

顔が見えないメール相談が女性の方には気持ちが楽かもしれないですね。
いくつかのクリニックから、ワキガの様々な話を聞いてみるのもいいでしょう。

わきが治療

わきが治療ボトックスのメリットとデメリット

ボトックスで行われる、わきが治療のメリットとデメリットについて。

わきが治療をお考えの方でボトックス注射でわきが治療を受ける方は、治療後に失敗したなどの後悔がないように、メリットとデメリットを事前に知る事が大切だと考えられます。


◇わきがを治すボトックス治療のメリット

・わきがの施術の時間が短いので多忙な人にお勧め
・周りの人に知られたくない方でもわきが治療が可能
・ボトックスを注射で注入するだけの治療法なので、傷跡が目立たない
・ボトックス治療を受けた後でも、すぐに通常の日常生活を送ることができる

◇わきがを治すボトックス治療のデメリット

・軽度のわきがの方に効果的とされるため、重度のわきがの方は、ボトックス治療だけ行 ってもあまり効果は期待できない
・効果がある期間が永久的なものではない
・効果が切れた時には、再度ボトックス注射をしなければならない
・他のわきが治療と比べて1回の治療費は低価格ですが、定期的に注射しなければならな いので、総合的に考えるとボトックス治療は術代が高い

このように、ボトックス治療はメリットとデメリットに分かれます。
自分のわきがの症状をよく知って、治療を行うことが大切です。

わきがの手術に対して関心があっても、なかなか踏み出せず、不安感がある人も多いことでしょう。

そのような場合は、実際にわきが手術をした人の体験談を聞き、投稿を読んでみる事をお勧めします。

わきが手術の体験談は、インターネットなどで検索すれば、数多くの話を知ることが出来ます。

ワキガ治療の体験談を読んでみると、ほとんどの人が、わきがが大きなコンプレックスになっていたという事が分かります。

わきがの手術をしたことで、精神的にも明るくなった人が多く、コンプレックスから開放され、人生が変わったと言う声が多数寄せられています。

ワキガ手術が怖くても、カウンセリングをしただけで、気持ちが開放され、症状がやわらいだケースもあります。

病院・クリニック

わきが治療を行うクリニックの選び方

わきが治療で気をつける点とクリニックの選び方について。

わきがの治療をクリニックで行う場合に、気をつける点があるのでよく調べてからわきがの治療を始めるようにしてください。

☆クリニックで行われているわきがの治療法は、どのようなものがあるのか

☆わきが治療後の効果についてきちんと調べる

☆わきがの治療後は、再発の恐れはないか

☆クリニックの医師は信頼できて、過去の実績がどうなのかを調べる

☆希望していない、わきが治療の手術や療法を、クリニック側が無理に押し付けてこないか

☆クリニック全体の雰囲気は明るいか

☆対応してくれる人は親切に説明してくれるか

☆事前にわきが治療にかかる費用や手法を説明してくれるか。

以上の事は、クリニックを選ぶ時に重要なポイントになります。

一番大切な事は、そのクリニックが信頼できるクリニックなのかという点です。
焦らずに、自分にあったわきが治療のクリニックが見つかるまで、慎重に選ぶようにしましょう。

また、わきが治療の保険適応についてもきちんと調べるようにしてください。

わきがの治療を行う時、社会保険や国民保険が適応されるか気になりますが、軽度の日常生活に支障のないわきが治療の場合は、保険の適応外になります。

しかし、保険適応とされる手術を行った時や、重度のわきがと診断された場合やなどは、保険が適応になることもあります。

また、入院手術の治療費が高額の場合は、高額医療費の支給対象になることもあるので、各保険事務所などに問い合わせて聞いて見てください。

わきが手術

わきが手術の必要性とリスク

わきが手術の必要性とリスクについて。
わきがの対処法には、サプリメントなどの薬や制汗剤、清潔にするなどの対処法があります。

しかし、それらは一時的な効果しか望むことが出来ず、わきがを根本的に治すには、手術でわきがの原因を取り去るしかありません。

原因となるアポクリン汗腺を取り除く事が、わきが治療の手術の基本です。

しかし、メスを使う事が多いわきがの手術は、傷跡や再発、合併症や後遺症などのリスクがあります。

しかし最近は医学の進歩によって、わきがの再発や手術の後遺症の心配もなくなってきています。

脇が手術の傷跡が殆ど残らないものも多くなっています。

今までは、わきがの手術に抵抗を感じていた方でも、手術という治療手段も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

わきがの症状が軽度から中度の方であれば、リスクが少ない吸引法や、超音波法の手術方法をオススメします。

大きな傷をつけたくないという考えであればこのわきが手術法がいいでしょう。

わきがの症状が重度の方は、リスクもあがりますが、メスで切開するわきが手術を行うことが望ましいでしょう。

リスクを重視しすぎると、わきがの症状に対して治療法の選択を誤ってしまうこともあります。

せっかくわきがの手術をし、治療を行っても、期待した効果を得られないこともあるので、わきがの手術方法を選ぶ時は、医師としっかり話し合い、カウセリングを受けるようにしてください。

長い間悩んでいたわきがを治すのですから、自分が納得の行く方法でわきが手術やわきが治療をして欲しいと思います。

<<前の5件  .. 4 5 6 7 8..  次の5件>>


Powered by さくらのブログ