保険適用

わきがの治療と保険

わきがの手術にかかる費用は、かなり高額なもの。サイトやチラシなどでわきが治療費をチェックして貰えば分かると思います。

わきが治療の費用が高額な理由は、保険が適用されないからです。

しかし、一部の病院では、わきが手術の保険が適用されることもあります。

保険が適用される治療は、メスで大きく皮膚を切開する手術で、切除法や切開剪除法のようなわきが手術の場合です。

上記にあげたような治療法なら、保険を適用しているクリニックがあります。

しかし上記のわきが手術法で治療しても、保険が効かないクリニックもあるので、手術を行う前に良く調べるようにしてください。


わきがの治療を行う場合、2種類の方法があることをがある事を覚えておいて下さい。
わきが治療方法には、自費治療と保険適応治療になります。

治療費にかかる総額は、保険の適応で、負担金額が大きく変わります。

例をあげると、切開剪除法でわきが治療を行った場合、保険が適用されると3〜5万円で手術が行えます。

保険適応外になると25〜30万近くの治療費がかかります。
負担金額の差はここまで違うんです。

どうして同じわきが手術なのに、病院によって保険事情が違うのか?

それは、わきがの手術は症状を治すものではなく、悩みを治すものと判断されてしまうからです。

わきがの治療専門の美容外科などは、保険が適用外になってしまうのが現状です。

わきが手術に掛かる費用を考えると、保険適用の病院や手術法を選びたくなります。

しかし保険適用外のわきが治療専門の病院は、手術や治療の経験値が高く、治療効果も高いという利点があるのです。

わきがの治療費だけを重視するのではなく、自分に合った病院を選び、わきが治療を受けて欲しいと思います。

Powered by さくらのブログ