わきが治療とわきが手術@わきが情報バンク > わきが手術 > わきが手術の方法

わきが手術

わきが手術の方法

わきが治療とわきが手術@わきが情報バンクを運営していますカノンです。

わきがの手術の方法は4種類あります。

切除法
わきの下の有毛部の汗腺や皮脂腺、毛根を切り取り、縫い合わせます。傷が大きくなることと、ひきつれを起こしたり取り残しが発生してしまうこともあり、このわきが手術は、現在はほとんど行われていないようです。

吸引法
わきの下の皮膚を数ミリ切開し、そこからエクリン腺やアポクリン腺を吸引しようとするわきが手術の方法です。皮膚の生着も早く、傷跡もほとんど残らないという長所はありますが、汗腺の一部が残ってしまうことがあり、再発する場合もあるとの事。

超音波法
わきの下の皮膚に穴を開け、直径2ミリ程度の超音波を発振する管を入れ、血管や神経を避けて、汗腺のみを破砕しながら吸引するわきが手術の方法です。術後の血腫形成や皮膚壊死などの心配が無く、皮膚の生着も早いのですが、やけどや組織内水腫の合併症の報告もあり、また汗腺の一部が残ってしまうこともある。

削除法
わきの下の皮膚の一部を切開し、汗腺を削除するための特殊な器具を挿入し、アポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺まで除去するわきが手術の方法です。しかし直接、汗腺の残存を確認できないので取り残しがでる可能性もあります。美容外科ではよく行われています。

いずれにせよ、わきが手術専門のクリニックなどに事前によく相談することでわきが手術の方法を考えてみてください。

<<わきが治療の種類 | わきが治療とわきが手術@わきが情報バンクトップへ | ワキガ治療で注意すること>>


Powered by さくらのブログ