わきが治療とわきが手術@わきが情報バンク > わきがとは > 冬でもわきがが気になる

わきがとは

冬でもわきがが気になる

わきが治療とわきが手術@わきが情報バンクを運営していますカノンです。

夏はそれほど体臭が気にならないけど、冬になると体臭を気にするという人は多いんですって。

理由としては、「衣服」です。夏は比較的通気性がよい薄着で過ごすため体臭(特にわきが臭は)が分泌されるたびに少しずつだけど、体外に放出されています。

ところが冬になると当然何枚も重ね着をする上、素材も断熱性で通気性の悪い衣服が中心となりますよね。

だから、わきのニオイなども徐々に発散されずに「わきの下」に臭いがこもって濃縮されることになります。

このような濃縮された臭いが衣服の隙間から一気に鼻を刺激するため、より強く臭いを感じるのもあたりまえの事ですよね。

もう一つの理由として、夏暑いときや運動したときに誰でも汗をかくので、自分だけ汗臭いわけではありませんよね。

しかし、冬になれば会社や電車の中から汗の臭いが減少します。
そんな時一人だけ精神性発汗などすると、その汗だけに意識が集中して、汗やニオイが気になるのです。

さらに、冬場の暖房も関係があります。
夏は暖かい外から冷房の効いた部屋や電車の中へ入りますから、移動の主体は「暖」から「寒」」です。
しかし、冬場はこの移動が逆に、「寒」から「暖」に変わってしまいますよね。
人は、寒い所から暑い所へ入った時の汗のほうが、汗を意識することが多いんだそうです。

あと一つは、「基礎代謝」。日本人は普通、夏は基礎代謝が低くなり、冬になると高くなります。

基礎代謝が高いということは、ちょっと動いただけで汗が出やすいということ。皆さんは夏のほうが汗をかきやすいと思っていますが実は冬のほうが本当はかきやすいんですって。知らなかったでしょ!

以上の理由から、冬の体臭の第一は、やはり通気性のよい素材の衣服をきることを心がけることがまず大切でしょう。

あと、大切なことは、食事。
冬はただでさえ基礎代謝が高いので汗をかきやすいのですから、あまり熱を出さない食事を心がけることです。たんぱく質は糖質の5倍も熱になり汗をかきやすくしますのでできるだけ控えるようにしましょう。

また暖房の強い部屋に入るときは、踊り場や廊下でまずオーバーを脱いで、いったん暖気に慣れてから暖かい部屋へはいると比較的汗をかきにくくなりますよ。

<<わきがは感染するの? | わきが治療とわきが手術@わきが情報バンクトップへ | 日常生活でのワキガ対策>>


Powered by さくらのブログ